TB Global Technologies Ltd.

国内トップシェアを誇るローディングアームを中心とした
エネルギー関連機器の製造、販売を通じて、
世界No.1のローディングアームビジネスを創り上げ、
世界のエネルギー社会の発展に貢献します。

2021年4月1日をもちまして東京貿易マシナリー株式会社と東京貿易エンジニアリング株式会社が合併し
TBグローバルテクノロジーズ株式会社は発足しました。

事業構造の変革に取り組み、マーケティングから、
商品開発、製造、販売、アフターサービスまでの一貫したサービスを提供する
「事業創造型会社 TBG 」(imagination&creation)として、
創造性に富んだアイデアと粘り強い実行力で、
数々のプロジェクトに取り組んでまいります。

国内トップシェアを誇る海上用LNGローディングアームを筆頭に、
未知の可能性を秘めた新エネルギー分野にも投資し、国内外のエネルギーの安定供給に貢献します。

専門性の高い知識と提案力、そしてスピーディーな対応力をもって、
ロボット事業等の新規事業等にも積極的にチャレンジし、
“我々はお客様の満足のために価値創造プロ集団になります”を経営スローガンに、
世界中のお客様に対し、これまで以上の価値を提供することで事業の発展を図ってまいります。

主要商品・サービス

ローディングアーム

ローディングアームは金属製の流体荷役装置で、世界中でエネルギー資源の荷役に使用されています。
タンカーによる資源の荷役に用いられる大型・中型ローディングアームの他、陸上でタンクローリーなどへの荷役に用いる小型アームがあります。石油類、アンモニアや濃硫酸などの化学薬品から、LNGなどの極低温流体、溶融硫黄やアスファルトなどの凝固点の高い物質まで様々な流体に対応可能です。

スイベルジョイント

スイベルジョイント(360度回転継手)は、流体をスムーズに移動させつつ、配管の任意の方向への移動を可能にします。当社のスイベルジョイントは、石油、鉄鋼、機械、食品、建設業界等さまざまな産業で活用されています。特に、極低温流体用に開発された特殊設計のスイベルジョイントは、安全かつ確実な荷役を実現します。

陸上用LNG移送ポンプ

株式会社シンコーなどと共同で、陸上用LNG移送ポンプを開発し1979年に初めて国産化に成功しました。ポンプは超低温液化ガス中で大気と完全に遮断されて機能するため防爆上も安全で、ガス漏れの心配もありません。LNGターミナルなどで加圧・循環ポンプとして活用されるSMB型(ポット型)と、地下の貯蔵タンクで用いられるSMR型(インタンク型)があり、国内外のLNGとLPG貯蔵基地や冷熱発電プラントなどで広く普及しています。

会社情報

事業内容 流体荷役装置等エネルギー関連装置及び機械等の開発、設計、製造、販売、アフターサービス
ロボット事業、ORC装置等のエネルギー関連の新規事業開発
理科学機器、産業機器等の輸出入
創業/設立 2006年10月1日
本社所在地 東京都中央区京橋2-2-1京橋エドグラン
事業所 国内: 東京本社長岡工場東北SC札幌事務所苫小牧工事事務所長岡SC関東SC大阪SC名古屋SC広島SC福岡SC
海外: 北京駐在員事務所、シンガポール支店
代表者 代表取締役社長 坪内 秀介
資本金 4億円
就業者数 367名(2021年3月末)
ホームページ https://www.tbgtech.co.jp