TOKYO BOEKI MEDISYS INC.

臨床検査用医療機器の卓上型市場を切り開き、
常にお客様視点に立った製品開発を通じて、世界の医療と人々の健康に貢献。

東京貿易メディシス株式会社は、病院や医療検査機関向けの臨床検査用自動分析装置、
臨床検査情報システムの開発・販売・メンテナンスを行っています。
主力製品の生化学分析装置「ビオリス」シリーズは、血液、尿以外にも、
土壌成分分析などに利用できる、非常に汎用性の高い装置です。
全世界約80カ国の販売網で7,200台超の販売実績を持ち、卓上型の血液分析装置では世界トップクラスのシェアを誇ります。

高い専門知識を持った技術者、お客様の声を直接伺う営業・サービスエンジニア等全社員が、新たな価値を日々考え続け、
最先端の技術を搭載した製品の開発・販売で、世界の医療と人々の健康に貢献してまいります。

主要商品・サービス

自動分析装置

病院や検査センターで、コレステロールや血糖値などを測定する臨床検査用自動分析装置を開発しています。ビオリスシリーズは小型でありながら、高い操作性と処理能力を有しており、国内外に7,200台超の販売実績を誇ります。

会社情報

事業内容 臨床検査用自動分析装置の開発、製造および販売
創業/設立 1999年7月1日
本社所在地 東京都日野市東豊田1-14-21
事業所 日野本社・R&Dセンター、東京営業所、札幌営業所、仙台営業所、名古屋営業所、大阪営業所、広島営業所、福岡営業所
代表者 代表取締役社長 岡部 圭治
資本金 2億円
社員数 75名(2018年3月末)
ホームページ http://www.tb-medisys.co.jp/